コンテンツ

夢風船モバイル


夢風船のホームページは携帯電話からもご覧いただけます。
上記QRコードにてアクセスして下さい。

★ゴールデンウィーク5月3日(水)開催

夢風船企画
「東浦町文化財修復のためのチャリティーライブ」…

○日時:平成29年5月3日(水)13:30スタート

○場所:於大公園 このはな館
※入場無料
※未就学児O.Kご家族でお越しください

○出演:夢風船/メイプルハーモニカ/風糸/YELL

⭐︎当日は募金箱を設置し、東浦町役場へお届け致します
名義は「東浦町文化財修復のためのチャリティーライブ参加者一同」として

このチャリティーライブは、平成28年3月4日に発生した乾坤院の火災で被害を受けた町指定文化財である山門の修復、また、消失した堅雄堂および水野氏座像の複製作製にかかる費用の一部の寄附として執り行わせていただきます

私たちの町、東浦町といえば徳川家康の母、於大の方(おだいのかた)の故郷。
その於大の方の父、緒川城主、水野忠政の座像が焼け残り、その保存処理と複製作製。

町指定文化財である堅雄堂の焼け残った瓦の復元。

町指定文化財である乾坤院山門の仮修復。

このチャリティーライブを通して、今、必要とされている町の事業を皆様にお伝えし、文化財を大切に思う気持ちが育まれていったら….そんなお手伝いが出来たら嬉しく思います

今月に入ってから突然企画したにも関わらず、沢山の方のご協力をいただいております。
チャリティーライブのチラシも、東浦町在住のデザイナー中山泰徳さんに作製していただき、間もなく配布出来ます
音響機材も、地元のモウリサウンド様がお貸しくださいます
出演者も、地元東浦町の為ならと快く引き受けて下さり、皆さん気持ちが高まっています
その中に、東浦町教育委員会の田川先生もご参加下さり、YELLとしてご出演いただきます

皆さん、東浦町の為ならと無償でご提供下さいましたこの後もチャリティーライブをボランティア精神で取り組んで参ります

5月3日(水)13:30スタート
皆様のお越しを心からお待ちしております

東浦町以外の皆様にも、ご協力いただければ幸いです

宜しくお願い致します

夢風船子ども向けプログラムは、成功したようです良かった

今日の様子のライブ映像をご覧ください元気な子どもたちの歌声が聴こえますよ〜

緒川新田児童館の皆さん、ありがとうございました

次は、どこへ飛んで行こうかなぁ〜

笑顔いっぱいの社会をつくりたい夢風船

★緒川新田児童館の子どもたちと♬

3月31日(金)

1時間の夢風船ライブ
子どもたちは集中力もあり、生演奏による絵本の読み聞かせを始め、リズム遊び、歌も元気に歌えました

すっごいな〜東浦町の子どもたち
子どもたちから「楽しかった〜」の声が飛び出し、嬉しかったです
私たち夢風船もとっても楽しい時間を過ごすことができました

★緒川児童館の子ども達と♬

〇3月29日(水)緒川児童館にて「夢風船朗読ライブ」を行いました

夢風船で作成した子ども向けプログラム1時間のライブでしたが、子どもたちの笑顔は最高でした
私たち夢風船もめっちゃ楽しむことができました

 

★知多半島春の国際音楽祭での夢風船ラストライブはさわやか愛知様でした

当日は3月11日でしたので6年前の東日本大震災を思い起こし、震災復興支援ソング「花は咲く」を歌い、東日本大震災による犠牲者やその遺族に哀悼の意を捧げました。
この2ヶ月間、夢風船は知多半島春の国際音楽祭として7公演のライブを行って参りました。その中で東京でもライブを行い、トータル8公演行なわせていただく中で沢山の方々と触れ合うことが出来ました。
ご来場下さいました皆様、並びに応援下さいました皆様には心から感謝申し上げます❤️
また、この2ヶ月間、共に歩んで参りました夢風船メンバーには感謝の気持ちでいっぱいです

利用者さんお一人お一人の表情を見ながら歌わせていただきましたが、音楽に吸い込まれるような表情をされていらっしゃり、一曲一曲歌い終わった後の拍手からも伝わるものがありました。
最後は全員合唱「故郷」を歌いましたその表情は、素晴らしい笑顔の大合唱となり、私たち夢風船も最高の喜びとなりました✨
職員様から「相生合唱団❣️」と言われるほどの素晴らしい笑顔の歌声でした✨
相生職員の皆様、今日は素敵な時間をいただき、ありがとうございました

★老人保健施設 相生様にて夢風船ライブを行いました

利用者の皆様はじめ職員の皆様、また一般者の入場もあり、沢山お集まりの中で夢風船ライブをお楽しみいただきました.

ライブ終了後、職員の皆様からいただいた言葉に大変嬉しくなりました。

利用者さんの中には、認知症の方もいらっしゃったそうです。
普段はじっと座っていらっしゃることのできないその方が、ずっと涙を流しながら最後までジーッと聴いていらっしゃる姿に「心に響いたのだと思います」と職員様から伺った時には、心からライブをさせていただいて良かった….と思いました。

ライブの翌日、庄野真代さんから「ライブはどうでしたか?」と気にかけてくださり、温かい心に嬉しくなりました.
また、Com.Cafe音倉の石井店長さんから本番前のリハーサル時に「癒される」と言葉をいただき、とっても嬉しかったです

なんと言いましょうか…..まるで家族のような….ずっと前から一緒にいたような….そんな温もりを感じるライブとなりました

そして…..

「また、東京に来てね!」
「今度は愛知に行くからね!」などの言葉は、私たちメンバーにとって最高の喜びとなりました

これからも、「愛溢れる地球をつくりたい✨笑顔いっぱいの社会を目指して」をモットーに音楽の旅を続けたいと思います